産業保健師ってどんな職業?

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!



 

産業保健師という職業があることを知っていますか?あまり聞いたことがないかもしれません。産業保健師がどんな職業かを知ってもらうために、まず「保健師」がどんな仕事をするのかを説明します。

 

保健師助産師看護師法によると、保健師とは「厚生労働大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて、保健指導に従事することを業とする者」と定められています。つまり保健師とは、乳幼児健診や生活習慣病健診などの保健指導や健康教育を通じて、疾病予防や健康増進をサポートしていく仕事と言えます。

 

では、産業保健師と保健師では何が違うのでしょう?保健師は、一般的に地方自治体や保健所で働いており、新生児から高齢者まであらゆる年齢層の人を対象としていますが、産業保健師は一般企業に勤めていて、その企業で働いている人を対象としています。

 

産業保健師は、主にその企業に勤めている社員の健康管理、保健指導、健康相談などを行っています。具体的な仕事内容としては、会社での健康診断の実施や健康診断で問題が見つかった場合の相談や指導、労働環境の改善、職場で起こった傷病の応急手当などがあります。また最近では、メンタルヘルスへのケアも重要視されてきています。

 

産業保健師は、少人数でその企業で働く全社員の健康面でのサポートしなければならず、大変な職業です。しかし、産業保健師が社員の健康をサポートしているからこそ、社員は健全に働けて企業は利益をあげることができるのです。そういう意味で、産業保健師は企業にとって重要な戦力であると言えるでしょう。