産業保健師への道

産業保健師とは、一般企業に勤めて健康診断や健康相談、職場環境の改善などを通じて社員の健康増進や疾病指導を行う職業のことです。では、どうやったら産業保健師になれるのでしょうか?

 

産業保健師になるためには、まず保健師の資格が必要です。保健師は国家資格で、定められた専門教育を受けた上で国家試験に合格しなければなりません。一般的に看護学校を卒業してから保健師学校へ行くか、保健師学校のカリキュラムがある看護大学へ行くという道があります。

 

産業保健師の求人は、あまり多くないのが現状です。産業保健師を各企業に配置しなければならないという法律は、今のところありません。近年は従業員1000人以上の大企業であれば、産業保健師を常勤させている企業が多いのですが、中小企業で産業保健師を雇用しているところはほとんどないのです。そのため産業保健師として就職は、なかなか難しいと言えるでしょう。

 

では、その少ない求人をどうやって見つけたらよいのでしょうか?一般的に産業保健師の求人はハローワークなどでは、ほとんど見つけることはできません。私のおすすめは、インターネットの看護師や保健師専門の求人サイトを利用することです。インターネットで検索すれば、そのようなサイトはたくさん見つかるので、利用してみましょう。

 

では、産業保健師を雇用する企業側は、どのような人材を求めているのでしょうか?多くの場合、新卒者ではなく臨床経験や産業保健師としての経験がある即戦力を求めています。新卒者は、臨床経験を経てから産業保健師に転職するという道が良いと思いますよ。

 

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!