産業保健師の悩みは、看護師悩みとどう違うの?

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!



 

 

病院で働いていた看護師が、産業保健師に転職する人が増えています。

 

病院で働く看護師の悩みは、夜勤があって生活リズムが崩れてしまうこと、女性が多い職場での人間関係、残業が多いこと、休みが少ないことなどがあると思います。では、産業保健師の悩みって具体的にどのようなものがあるのでしょう?

 

産業保健師の仕事は、病院で働く看護師のように日常生活援助や医療補助などはほとんどありません。健診の結果を受けての健康指導やうつ病やストレスなどのメンタルヘルスに関する健康相談やカウンセリングなどが仕事の重要な部分を占めています。身体的精神的な悩みや問題を抱える人の相談を受ける立場なので、そのことに疲れを感じることが多いようです。人の悩みを聞くことは、かなりの精神負担になります。

 

また看護師時代は担当の患者さんが退院する、回復するなどのわかりやすく設定しやすい目標がありましたが、産業保健師は一人で多くの社員の健康管理をしなければならず、基本的にある程度健康である人を相手にすることが多いので、なかなかやりがいを見出しにくいということもあるでしょう。

 

また、産業保健師の仕事は、定期健診や健康相談、保健指導、メンタルヘルスケア、労働環境の管理などとても幅広く、煩雑なものです。それまで培ってきた看護技術や知識があまり生かせず、全く違う分野での幅広い知識が必要になり、パソコンを使ったデスクワークが多くなります。そのことに不安を覚え、幅広い仕事にどこから行って良いのかわからない等の悩みがあります

 

産業保健師の悩みは看護師の悩みとは違いますが、やはりどの職業にもそれぞれの悩みはあるんですね。