産業保健師のスキルアップは?

保健師資格を持った看護師が、キャリアアップのために産業保健師へと転職する人が増えています。数少ない産業保健師の求人に応募して、就職試験に無事合格し、念願の産業保健師になることができたとします。でも、それはゴールではないですよね。せっかく産業保健師になったのですから、さらにスキルアップやキャリアアップを図っていきましょう。

 

では、具体的にどんなスキルアップ、キャリアアップがあるのでしょう?

 

産業保健師としてのスキルアップの一つ目は、産業保健師のセミナーや学会に参加することがあります。日本産業衛生学会や日本産業保健師会、各都道府県の産業保健推進センター等が主催して定期的に学会やセミナーを開いています。学会やセミナーに参加することで仕事に必要な知識を身につけることができるだけでなく、違う環境で勤める産業保健師とつながることで新たな刺激にもなるでしょう。

 

二つ目は、仕事で必要なスキルの資格を取得することです。具体的には、生活習慣病予防方法などを提案していく健康医療コーディネーターやメンタルヘルスケアに役立つ産業カウンセラー、精神対話士などがあります。どちらも、産業保健師の仕事に直結する資格といえるでしょう。

 

キャリアアップとしては、産業保健師を続けてその企業の衛生・医療部門の管理職についたり、産業保健師の経験を生かして治験コーディネーターになったり、行政の保健師となる等があります。

 

産業保健師になってからも、スキルアップやキャリアアップを視野に入れて仕事をしていきましょう。

 

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!