産業保健師のやりがいはどこにあるのでしょう?

看護師の場合、患者さんが回復したり、笑顔で退院することにやりがいを感じることが多いと思います。産業保健師として働く場合、どこにやりがいを見出すのでしょう?

 

産業保健師は、企業に勤める社員全員を担当しているため、看護師のように目に見えるわかりやすいことにやりがいを見出すのは難しいかもしれません。だからといって、やりがいがないのかというと、それは大きな間違いです。

 

近年の産業保健師の重要な仕事に、メンタルヘルスケアがあります。厳しい労働環境でのストレスによるうつ病やパニック障害になる人の増加が問題となっています。精神的な問題を抱えている人は、休職や退職に追い込まれる場合が多いのですが、そのような社員を早期に把握して重症になる前に対処できたり、休職しても産業保健師の関わりによって早期に職場復帰させることができたときは、充実したやりがいを感じることができるでしょう。

 

また、産業保健師は一般企業で働くので、仕事面で結果をしっかり残して会社に貢献していけば、給与や地位などの待遇面で評価してくれます。このことも自分の仕事へやりがいを感じる一因になります。

 

 

産業保健師は、保健・衛生のスペシャリストとして一般企業で働いています。社員の身体面・精神面での健康を守り、働きやすい職場環境を作っていくことで、仕事の生産性をあげ、企業に貢献しているのです。

 

産業保健師は、「社員一人ひとりの健康を守ること」、「企業の利益に貢献すること」という二つの方向からやりがいを感じることができるでしょう。

 

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!