現代社会での産業保健師の果たす役割

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!



 

近年、会社でのストレスによるうつ病が社会問題になっています。不景気が続く競争社会の中で、リストラへの不安や人員削減による仕事のしわ寄せなどが重なったことによって、精神的に過度な負担がかかっている人が多いでしょう。うつ病は、通院や欠勤、休職しなければならない場合もありますし、重度のうつ病は自殺へとつながっていしまいます。

 

このような社会問題において、産業保健師の果たす役割は大きいものがあります。職場が過度なストレスを与えるような環境にはないか、ストレスの原因は何か、事業主や職場の責任者のメンタルヘルスに対する意識は間違ったものではないか等を調査して、ストレスの少ない職場環境へと改善していく必要があります。

 

また、そのような過度なストレスを抱えている社員の早期把握も重要です。うつ病を患う人は、真面目で責任感の強い人が多いと言われています。そのような人は、ストレスがかかり体調が思わしくなくても、周囲に相談せずに無理して働いてしまう場合が多いのです。そのような人を早期に把握して、健康相談を行って心療内科の受診勧めたり、休職や部署異動などを産業医と連携して行っていく必要があります。

 

うつ病対策などのメンタルヘルスケアに力を入れることは、社員一人ひとりの命や生活を守るだけでなく、休職や欠勤を少なくすることで会社の利益も守ることになります。

 

現代社会において、このメンタルヘルスケアが産業保健師の最も重要な役割と言えるかもしれません。

 

 

産業保健師 募集@非公開求人情報がたくさんある求人会社はココ!