産業保健師?産業看護師?

高待遇求人こちら!看護師転職サービス,1分無料登録はこちら

 

1社だけでは情報が少ないので3社くらいに登録しましょう!



 

産業保健師と似たような職業に産業看護師というものがあります。では、この2つの職業は何が違うのでしょうか?どちらも、病院や保健所などではなく一般企業で働くという点は同じです。

 

まず、「保健師」と「看護師」では何が違うのかを考えてみましょう。保健師は、健康増進や疾病予防が主な役割となっているのに対して、看護師は病気や障害を持つ人の日常生活の援助や医師の診療補助などが主な業務になっています。

 

これを産業に当てはめれば、産業保健師はその企業の社員の健康診断などの結果に基づいて、健康相談や健康教育をして、生活習慣病予防やうつ病予防などを行い、健康管理をしていきます。産業看護師は、職場での傷病などの応急処置を行ったり、うつ病になってしまった人との健康相談や対処などが主な業務であると言えるかもしれません。

 

ですが、実際は同じ業務内容であることが多いです。産業保健師も産業看護師も、どちらも社員の健康を守り管理しています。産業看護師が健康診断を行いそれに基づいて、生活習慣病やメタボリックシンドローム予防を行ったり、産業保健師が職場での応急処置を行うこともあります。

 

保健師は看護師免許を持っている必要があるので、産業保健師のほうが色々幅広い業務をこなすことができるかもしれませんが、どちらも大きな違いはなく、雇用する企業が産業保健師や産業看護師にどのような役割を求めているかによって、業務内容が変わってくるというのが現状です。